個人でなく、サロンのブランディングをする

1月 9

2006年から2013年ぐらいまでの7年間は、ひたすら自分《西川隆光》のブランディングに邁進していました。

しかし、2014年ぐらいから今に至るまで、意識的に《銀座エルアモール》というサロンはどんなサロンなのか?というテーマで、自問自答してきました。

その答えが出たような気がします・・・

それは、スピリチュアルに特化した癒しの占いサロン。

とてもシンプルですが、意外とない。

「当たる」とか、
「凄い!」とか、
「見通す!」とか、
「言い当てる」とか、
「ズバリ言うわよ!」とか、

一見惹きつけられるキャッチが、この業界の常識であったと思います。

でも、あえて、

タロットとか、手相とか、占星術など人気の定番を捨て

スピリチュアルに特化しました。

なぜって、僕自身がそれしかできないから。

絞り込む!

そして、占いに「癒し」という発想を持ってきました。

癒しといえば、ヒーリングが定番。

でも、占って癒される・・・って???ですよね。

しかし、僕自身がいつもお客様に言われ続けたこと・・・

それが、癒される、でした。

だから、「癒し」と「占い」を融合としました。

はじめは、「タロットないんですか?」

「手相観てもらえないんですか?」

なんて、しょっちゅう言われていました。

「くぅ~~~」って感じでした。

でも、辛抱して銀座エルアモールも6年となりました・・・

今、銀座エルアモールは、押しも押されぬ銀座で一番のサロンと思います。

よく周りに言われました。

サロンより、隆光さんが売れているんだから、隆光で押したほうがいいよと。

でも、僕は密かにいや違う。

サロンに命を吹き込むんだと自分自身に言い続けました。
そして、ようやく働く人たちの意識にそれが浸透してきたように感じます。
その瞬間、サロンに命が宿りました。
その結果、途切れずお客様が訪れるお店になりました。

2016年、さらにサロンのブランディングを極めていこうと思います。

写真は2016年元旦の房総の夕陽です。

facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail